米国知的財産権日記

iptomodach.exblog.jp
ブログトップ

2008年 08月 29日 ( 1 )

まーさーに、前後しており申し訳ないです。。。。いや、まあ、ブログそのものが思いつきで始めたモンですから書いてる内容も結構思いつきで前後しちゃって。。。。

で、特許侵害における損害賠償の種類である合理的ロヤルティ(Reasonable Royalty)と、逸失利益(Lost Profit)です。

<Lost Profit>
これは、その侵害行為がなければ得られたはずの利益が得られなかった、だからその利益分を返せ、という字のままの損害賠償です。例えば、特許所有者A社が自社特許を使った製品を販売していたとします。競合B社が、A社の特許を侵害して同様の製品を市場に出し、お客様の一部がA社からB社に移ってしまったとします。すると、その移ってしまったお客様は本来A社の製品を買うところ、侵害行為のためにB社に流れた、この移ってしまったお客様から得られたであろう利益分を払え、これがLost Profitです。
ですから、基本的に問題となっている特許を使って事業をしている人しかLost Profitは請求できません。また、Lost Profitを請求する場合、「お前達が売った分も、俺達は十分製造・販売する力があったんだ!」ということを請求する側が立証しなくてはいけません。例えば、特許保有者であるA社は米国東海岸に販売網を持っているが、西海岸にはない。これまで、西海岸での販売実績は無い。そのような状態で、B社が侵害品を西海岸で販売し、儲けたとします。A社はこのB社の行為に対してLost Profitを請求できるか、答えはNOです。なぜなら、A社は西海岸で販売網を持ちませんから、西海岸で売ることは出来なかったわけです。もともと失ってない利益ですから、Lost Profitを請求することは出来ません。この場合、この損害賠償は合理的ロヤルティとして回収される必要があります。
また、特許所有者であるA社の製造施設がフル稼働したら100の製品が作れるとします。従来、A社は80の製品を売っていました。ここに侵害者であるB社が巨大製造施設でもって、200の侵害品を市場で販売したとします。この場合、A社は20について、Lost Profitを請求できますが、残り180については合理的ロヤルティを請求する、ということになります。A社が「うちは製造施設の拡大をプランしていたんだ!」とか、「下請けさんが見つかって、あと50、自社ブランドで作れることになってたんだ!」というのであれば、まずそれを立証する必要があります。そして、製造施設拡大のための設備投資費等を利益から除いた額が「Lost Profit」になるわけです。これは正当ですよね。製造を拡大しようと思ったら、それなりのコストが必要です。そのコストはしっかり差し引かないと、今度はA社が貰いすぎになります。これはいけません。

<Reasonable Royalty>
これは単純明快です。その特許のライセンス料(使用許諾料)を回収するものです。自ら特許を実施していない特許所有者はもっぱら、Reasonable Royaltyを損害賠償として請求することになります。ではいくらが「Reasonable」なのか。これがエキスパートの腕のみせどころになります。もちろん、製品によっても異なります。ものすごーく、ザクザクですが、この業界では「25%ルール」というのがあります。これは、本当に「ざくっ!」と考えると、ロヤルティって、大体、その製品の営業利益の25%くらいだよねー、というルールです。これは判例でも指示されている考え方です。
ただ、ほんとにザクザクですから、これにいきなり依拠するエキスパートはいないと思います(笑)。我々は色々なアプローチ、データからこの製品の場合、Reasonableなレンジはどれくらいか、を同定し、後で、25%ルールと比較したとき、そのレンジは大体いいくらいに落ちてるか、という確認作業的に適用する、という感じでしょうか。何のデータもなければ、25%ルールに依存するしかないようなケースもあるかもしれませんが、それは稀です。

さて、これをご覧頂くと、なぜ製造部門からいただく情報解説に入る前に、この損害賠償の種類のお話に戻ったか、をご理解いただけたかと思います。どの損害賠償を請求するのか、にちょって、製造部門から貰う情報にかなり差が出るんですよ。Lost Profitの場合は、製造部門から貰う情報がすごく増えます。と、いうことでようやく「前振り」ができたので、明日は製造部門からいただくデータについて解説しますね。
[PR]
by suziefjp | 2008-08-29 08:12 | 知的財産権

知的財産権のお話を中心に、たべもののこと、アメリカのこと、いろいろお話ししていきますね♪


by suziefjp