米国知的財産権日記

iptomodach.exblog.jp
ブログトップ

ITCのEPROMsテスト (2)

本当は昨日で仕上げてしまおうと思ったEPROMsテスト、ちょっとバタバタして今日になってしまいました。昨日はAsh Wednesdayで、街なかでは額が黒い人が結構いました。これが教会で行われる儀式の結果である、と、知らなかったときには、あやうく「あなた、額が汚れてますよ?」と、教えてあげようかと思ったことがあります(一緒にいた友人に「あの人、汚れてるよ?教えてあげたほうがいいんじゃない?」と言って爆笑されたのはもう何年前のことか・・・。)すいません、コテコテの仏教徒なもので。。。そして今日のシカゴは嵐です。雷もゴロゴロ。こんな天気は久しぶりです。

で、EPROMsテストです。9つの要素のうち、5つまで紹介していたので、続きの6つめからです。

6. Availability of non-infringing alternatives: 非侵害代替品の入手性-イマイチの訳になりましたが、要は、代替品が簡単に手に入るのか否か、です。問題になっている特許を侵害しない代替品が簡単に入手できるなら、排除命令が出やすくなります。

7. Liklihood downstream products contains infringing articles: 完成品が侵害品を内蔵している可能性 - これは、例えば同じ完成品でも部品が複数供給になっていて、ある完成品は侵害を主張されている部品を使用しているが、ある完成品は別の部品を使っていて問題の部品が内蔵されていない、というようなものが混在している場合、米国に入ってくる完成品のうち、何%くらいが問題の部品を内蔵しているのか、という割合です。この割合が低ければ、完成品を排除するのは非合理的です。逆に、割合が高ければ、「まるめてゴー!」と、排除されても、まあ、しゃーないか、ということになりますね。

8. Opportunity for evasion of an order not including downstream products: 完成品を除外しない排除命令が発せられた際に除外命令が有名無実になる可能性 - これはちょっと分かりづらいので「戸田奈津子」先生風の意訳にしました。この意訳の通りで、完成品が排除されず、当該部品のみが排除される命令であった際に、その命令の効果はどの程度のものか、を、勘案するものです。完成品を排除しなければ、侵害品排除の効果が得られない、とITCが考えれば、やはり完成品を排除しましょう、ということになります。

9. Enforceaibility by Customs:排除命令を実施する際の税関での負担-このあたりもものすごい現実的な話で、アメリカっぽい、ちゃあ、アメリカっぽい気がします。排除するために、税関でどれくらいの仕事が発生してしまうのか、それがあまりにも甚大であれば、排除は止めましょう、あるいは限定的排除だと誰がもちこんでるのか、をチェックするのが大変、だったら、負担軽減のために一般排除だああ!ということにもなりえます。うーん、すごいなあ。

解説でつけたのはあくまでも適用する際の一例です。これら9つの要素を総合的に判断し、排除する対象は何であるべきか、限定的排除でよいか、などが判断されます。

以前、連邦地方裁判所での特許侵害裁判のダメージ・ディスカバリとして紹介させていただいたジョージア・パシフィック・ファクターに比べるとかなりあっさりした内容・・・という感じがします。ダメージ・ディスカバリでは我々も一円一銭まできっちり数値を合わせるために計算が必要ですが、ITCの場合は、この9つがおおよそ判断できる程度の情報精度でOKです。

だからといって、やはりギリギリまでこのレメディ作業をしないのもおすすめできません・・・・やっぱり作業する側としては2-3ヶ月は欲しいところです。みなさん、ダメージ・エキスパート(レメディ・エキスパート)に愛の手を!早めにお仕事下さい!(笑)
[PR]
by suziefjp | 2009-02-27 07:40 | 知的財産権

知的財産権のお話を中心に、たべもののこと、アメリカのこと、いろいろお話ししていきますね♪


by suziefjp