米国知的財産権日記

iptomodach.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2014年12月に「IPRの調べ方」記事で、IPRの状況について検索できる特許庁のデータベースのお知らせをしておりますが、あのポータルが変更になっていますので、アップデイトしておきますね。現在は、こちらのウェブサイトから以前と同様に検索できます。検索自体はログインとかしなくても大丈夫です。I am not a robotのチェックマークを忘れると検索できませんので、お忘れなく!(チェックマークするだけで検索できるときもあるんですけど、なんか写真とか出てきて「この中から「木」の写真を全部チェックしなさい」みたいなテストで「ロボットじゃありませんよ」チェックをされるときもあります。)

取り急ぎのアップデイトでした!
[PR]
by suziefjp | 2016-07-26 05:15 | 知的財産権 | Comments(0)

贅沢ワイン♪

えー、ワタクシ、ぶっちゃけ下戸でございます。お酒、ダメです。ほんの一口、二口で真っ赤になって、ちょびっと上機嫌になって、すぐ爆睡して8-10時間は起きないというものすごい効き目を発します。アジア系は一般的にアルコールを分解する酵素が少ないのでこういうタイプが結構いる、、、というまことしやかな話も聞いた事があります。

とはいえ、先日、大変贅沢なワイン経験をしましたですよ♪ 実はテレビジャパンで2016年世界ソムリエコンクールのドキュメント番組を二夜連続でやってまして、だんなと食い入るように見てしまいました。ワインのことは赤と白の色の区別がつく程度の私ですが、いやー、すごい!3年に一度の世界大会に出る人って、舌どうなってんの?鼻どうなってんの?どんだけワイン知識が頭に入ってんの?同じ人間?と思わせるすごさ。かつて日本でワインブームの仕掛け人となった田崎真也さんもこの大会で見事1位に輝いた方だったんですね。

上位二人がブラインドテイスティングでバシバシ正解を連発、最終的に1位になった人は偽物ラベルも見破って、なんだかものすごいレベルのお話で大変楽しめた番組でした。そして極めつけは、この2016年度チャンピオンのスェーデン人の方が、ニューヨークのSOHOにあるレストランにおつとめ、というではありませんか!!そりゃ行くしかない。(飲めないけど。だんなが頑張って飲んでくれるだろうことを期待して。。。)

と、いうことで行って来ました、Charlie Bird。カジュアルでこじんまりしたお店で敷居が高くなくて良い感じですよ。仕事の後、ダンナと現地集合しましたが、私がついたときにはちょうどウチのが「テレビで見てすごかったんだよ!」という話をレストランのおねーさんに熱っぽく語っているところでした。それを伝えてくれたのか、席についてしばらくしたら、チャンピオンのArvidさんが「来てくれて有難う!」と。なんだよー、チャンピオン、いい人じゃないかー!私がそれほど飲めないことも説明した上で、まずは我々がお料理をオーダーしてから、そのオーダーを見てArvidさんがワインを選んでくれることになりました。

なんだかんだお料理をオーダーしてから、それを見てArvidさんが選んでくれたのは赤ワイン。ラベルは横文字、そしてワイン知識ゼロの私にはちんぷんかんぷんでしたのであえてどんなワインだったかは語るまい。。。が、どういうところで作られて、とか気取らず気さくに教えてくださって、なんだよー、チャンピオン、やっぱりいい人じゃないかー!!
その後、テレビジャパンでコンクール見たよー、すごかったねー!という話で盛り上がったのですが、ご本人はここ1-2週間で日本人グループのお客さんが増えてたのはそういうことだったのかー、と笑ってました。ソムリエコンクールはワインの知識だけではなくてサービスの質も問われますが、なんだか気づかない間に水のグラスがさりげなくさげられているとか、そのあたりもステキでございます。

ソムリエ世界チャンピオンがお料理にあわせて選んでくれたワインを残すなどという無礼はまかりならぬ!ということで、ダンナがかなり頑張って飲んで二人でボトル1本なんとか制覇。Arvidさんはしょっちゅうお話に来てくださって、夜はこのレストランで働いていて、昼間はワインコンサルタントのお仕事が多いんだよ、とな。お金持ちのワイン収集のためのおすすめ、買い付けとかだそうです。それとかNYなもんですから私らのあずかり知らぬところにやっぱりお金持ち社会が存在していて、出席者がみんなプライベートヘリコプターでやってくるようなウェディングパーティーでのワインサービスとかもあるそうです。「お金持ちで人柄のいい人とのお仕事が一番なんだろうけど、この二つはなかなか両立しないよね。」と笑っておられました。若気の至りでなんちゃって成功して世間をなめてしまった投資銀行の人とかもお客さんにいるんでしょうか。。。(偏見。)

ソムリエ世界チャンピオンがとっても気さくにワインを選んでくれるお店なんて滅多にないと思うので、ワイン好きの方はNYにいらした際には足を運ぶ価値アリ、かもしれませんよ!
[PR]
by suziefjp | 2016-07-20 06:28 | NYグルメ | Comments(0)

知的財産権のお話を中心に、たべもののこと、アメリカのこと、いろいろお話ししていきますね♪


by suziefjp