「ほっ」と。キャンペーン

米国知的財産権日記

iptomodach.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

相変わらず大人気のIPRですけれども、実はIPRに関して最高裁まで上訴されている問題がありました。それは①IPRにおいて請求項の解釈基準として適用されている「Broadest Reasonable Interpretation」(BRI)は適切か。裁判所における請求項解釈基準と統一すべきではないか、②IPRを実施するか否か、というPTABによる決定は現在控訴できないが、控訴できるようにすべきではないか、の2点でした。

今回、この2点が最高裁判決で明示されたのですが、原文をご覧になりたい方はこちらからどうぞ。結論としては、①IPRではこれまで通り、BRIを適用して特許の有効性を判断する、②IPRを実施するか否か、という決定は控訴できません、ということで、現状維持となりました。

IPR人気の理由の一つは①の「BRI」基準です。この基準のために特許が無効化されやすいんですね(=請求項の範囲が広いと先行技術も見つかりやすいので)。この基準の適正について疑義を呈した側は「審査中はこの基準であっても請求項を修正する機会があるから良いけれど、IPRでは請求項の修正が許されることは稀で、だとするとBRIを適用するのはアンフェアだ。」と。最高裁としては、「いやー、でもさー、特許庁の請求項解釈基準はもう100年ずっとBRIなんだし、それでいーじゃん。」と、まあ、そこまで軽くいいませんが、そんな感じです。加えて「請求項が広すぎる特許は公共の利益にならないし、そういう意味では不適切に範囲が広すぎる特許がPTABのプロセスで駆逐されることには意味がある」てな感じのことを言っています。

裁判所で特許の無効性を争う場合、ご存知の方も多いと思いますが、まずはマークマン・ヒアリングなる手続きで請求項解釈を行います。ここでは明細書等に照らして当業者であれば通常どのようにその請求項を解釈するか、といった基準で解釈され、必ずしもBroadest、「最広義」に解釈することにはなりません。

とりあえず、今回の最高裁判決でまだしばらくIPRの人気は続きそうです。
[PR]
by suziefjp | 2016-06-21 06:32 | 知的財産権 | Comments(0)

知的財産権のお話を中心に、たべもののこと、アメリカのこと、いろいろお話ししていきますね♪


by suziefjp