「ほっ」と。キャンペーン

米国知的財産権日記

iptomodach.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

やっぱりIPRは人気らしい

以前、「大人気のIPR」というのでも書きましたけどInter Partes Review、やっぱり大人気を呈しております。やはり以前も言っていたように和解ツールとして多用されているみたいです。

先日参加したIPイベントは、以前USPTO長官をしておられて今はCravath, Swaine & Moore LLPという事務所で弁護士として活躍中のKappos氏もスピーカーとして参加しておられたんですよ。KAPPOS氏がレクチャーで紹介した統計によると会計年度2014年(2013/10~)でIPRの申し立てが346件。うち「和解」したものが100件! 3分の1弱が和解していることになります。おー、すごい。KAPPOS氏によると、IPRを和解する場合何らの金銭的支払も巻き込まないものも多々あると。「IPRをやめてあげるから、侵害訴訟もやめてよね」ってな感じで落ち着いているみたいです。(とはいえデータとして出てないけど多分IPRをプレッシャーとして使って低額和解に持ち込む、ってのも結構あるんじゃないかと思うんですけどね。)

事務所にもよりますし、問題にする請求項の数にもよりますけど、もんのすごい大雑把な感覚では大体IPRの申立に必要な弁護士費用って5万ドル前後(官費除く)かと思います。IPRもその後の手続きが進めばさらに費用がかかりますけど、申立て後すぐに特許権者が「あわわわ、IPRで特許潰されるよりはもう和解しよう」って思って和解に持ち込めれば5万ドル前後の投資は意味があるかも。こういうのを考えるときに、つい「訴訟が継続したら弁護士費用はいくらかかるからそれよりは5万ドルがマシか。。。」とか思っちゃうところがなんか切ない。ホントにいいかがりみたいな特許侵害主張に対してもそんな投資をせねばならぬのか、と思うとやるせないですね。

そうそう、KAPPOS氏はレクチャーで、今が特許取引の黎明期なんだ、ということをおっしゃってました。これからどんどん特許が普通に取引されるようになってくると、その取引や権利行使を正当なものにとどめることを目的とした法規制が出てくるだろう、と。今は例えば独禁法やFTCが無かったころにいろんな企業が独禁法アウトなことをしていたような時代、SECができる前に株取引がなんだかぐしょぐしょにやられてた時代と同じようなもんだ、と。あまり法律で規制されて身動きとれないのもどうかと思いますが、確かに特許取引はそういう時代なのかもしれません。
[PR]
by suziefjp | 2014-07-02 06:39 | 知的財産権 | Comments(0)
この間、NYで開催されていたIP系の終日イベントがあったので久しぶりに行ってみました。
ランチのゲストスピーカーがUSPTOの方だったのですが、審査官とかじゃなくてUSPTOのプロモーション担当というか啓蒙担当の方で、非常に興味深いお話がたくさん!普段はInter Partes Reviewでお世話になるとか、オフィスアクションを出されてなんか腹たつ、とかそういうお付き合いのUSPTOですが(笑)、こんなに色々な活動をしてるのかー、と非常に勉強になりました。

日本でも特許庁は経済産業省系ですが、米国でもDepartment of Commerceの一機関です。で冒頭、「特許庁はDepartment of Commerceの一機関ですから、我々の活動がCommerceの発達に資するものでなくてはなりません。」その通りですが、にこやかにここまでシンプルに言われるとなんだか目ウロコです。あらためてそうだよねー、と思えます。

でUSPTOが商務省の一機関として行っている色々な活動を紹介してくださったのですけど、表立ってUSPTOの名前が出て無くても色々ありました!中でも「おもしろい!」と思ったのは某大学と共同で学生寮をやっているんですけど、大学の工学部の生徒が入居できる寮で寮生活を通じて起業家精神そして起業家間のネットワークの構築を育む、というもの。すごく長期的なプランだと思いますけど、こういうところから取り組むのはおもしろいなあ、と思いました。

これもUSPTOの名前は出ていないのですけど、アメリカで事業を始める人のためのウェブサイト、さらにどの州で事業を始めるのが良いか(税金などなど)などの情報を網羅した起業家向けウェブサイトの構築にUSPTOも情報提供を通じて参加しているそうです:
http://acetool.commerce.gov/
http://business.usa.gov/

そしてUSPTOならでは!と思える便利ウェブサイトでは、自分が持っている知財をどう守るのがよいのか、それをまるで占いでもするかのごとく、一つずつ質問に答えるとアドバイスしてくれるIP Awareness AssessmentというウェブサイトもUSPTOは提供しています。こういうの、個人発明家の方とかには特に有り難いだろうなあ。

ランチのときにスピーカーの方がいらっしゃったので、「お話、すごくおもしろかったです!」と思わず話しかけてしまったのですが、本当ににこやかな方で、スポークスウーマンにはぴったり。「今日はこの後、午後に小学校4年生のクラスで特許権について教えるのよ。」とな。小学校4年生に特許権ですか!?うーん、なんかすごいぞ。なんでも色々なアイデアを子供達から出してもらって、それは権利として登録できるか、などをゲーム感覚で教えるそうです。そういうのだったら私もやってみたーい。

やっぱりたまには外に出ないとおもしろい話が入ってこないのでいけませんな。これからはもう少しできる範囲でIPイベントに参加してみようかな、と思います。
[PR]
by suziefjp | 2014-07-01 05:31 | 知的財産権 | Comments(0)

知的財産権のお話を中心に、たべもののこと、アメリカのこと、いろいろお話ししていきますね♪


by suziefjp