米国知的財産権日記

iptomodach.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:えいご( 9 )

Binge Watching

我が家はフツーにケーブルテレビ契約してDVR機能つきケーブルボックスをレンタルしてテレビを見ています。もちろんテレビジャパンは欠かせない!ウチのダンナなどは私が欠かさず「あさが来た」を見るのを暖かく見守ってくれていますが、ニューヨークでは「あさが来た」は夜9時45分からの放送だったりします(笑)。夜仕事で遅い、とか出張でいない、とかいう時はもちろんDVR録画をセットして後でゆっくり見ます。
あさが来た、は最初からハマってみているのでいいのですけど、友人が「あのドラマおもしろいよ」とか教えてくれたりしたものが、すでにシーズン5くらいまで製作されているものだったりすると、見始めたらおもしろいものの、追いつくまでえっらい数のエピソードをみるハメになり、だんだん苦痛になってきたりするわけですが、とはいえ、ここまで頑張ったら追いつこうよ!という気持ちにもなり、なんでここまで私は今頑張っているんだろう、と思いながら必死で全エピソードを見てしまいます。最近はAmazon Primeでもそうしたビデオ一気見ができるようになったので、まあ便利っちゃあ便利なんですけど、もし明日死ぬとしたら今こんなに必死で何時間もビデオ見ることに時間使ってていいんだろうか、と自分の生き方が不安になるときも多々あります。。。

最近ハマったのは「グリム」というドラマで、これ、日本でも吹き替えとかでやってるのかなー?一応刑事ドラマなんですけどグリム童話に出てくる狼やらは本当は実在していて、グリム兄弟はそうしたモンスター(?)、Wesen(ヴェッセン)と呼ばれる種族を見分けることができる特殊能力者だったと。で、そのグリムの末裔が現代で刑事さんで、このWesenがかかわる事件を解決していく。。。みたいな話なんですが、見始めるとおもしろくて。ただいまシーズン5放送中なんですけど、なんとまあ1シーズンあたりのエピソード数が20話くらいあって(普通は10話くらいなのに。。。)シーズン5に追いつくまでの時間投資がえらい大変なのですよ。

で、週末に必死でグリムをまとめてみていると、ダンナに「binge watching?」と聞かれまして。このbinge watching、そういうドラマとかをDVDで一気見することを言うそうです。なんでわざわざそんな言葉があるのさーーー!?調べてみると、bingeってもともと大酒を飲むとかいう意味らしく、そこから派生して一気にたくさんのエピソードをビデオで見ちゃうことをbinge watchingというそうです。

私のbinge watchingはなかなか進まず、まだシーズン3の最後のほう。(それでも60時間くらい投資している!!)うあー、苦痛になってきた。。。(涙)
[PR]
by suziefjp | 2016-03-15 05:31 | えいご | Comments(0)

Can't touch that!

明けましておめでとうございます。今年も最高に不定期アップのこちらのブログによろしくお付き合い下さいませ。。。情報ご要望の米国知財ネタなどございましたら、おしらせくださーい。

2015年もいよいよスタート、私は年末年始はまさに寝正月で、ダンナとネコと自宅でグータラしておりました。そんな中、今年は中島みゆきさんと中森明菜ちゃんが出るというので、そこだけ紅白見ようかな、とテレビジャパンをDVR録画しまして。で、テキトーに早送りしながら見ていたところ、ウチのダンナがゴールデンボンバーにハマりました(笑)。ダンナはゴールデン本バーを初めて見たんですが「エアバンド」というコンセプトがかなり新鮮だったらしい。加えて、紅白では樽美酒さんが羊の群れにまぎれて走り、、、というパフォーマンスが披露されましたが、もうダンナがバカウケ。そのあともユーチューブで探して何回も見てケラケラ笑い、「Can't touch that!」といたく感動しておりました。

一昔前にMCハマーの歌でもはやりましたが、↑のような使い方をすると、can't touch thatは「これは他の誰もできない!すごい!サイコー!」というくらいの意味になります。一方、お仕事の場面で、例えば上司に「you can't touch this」と言われちゃうと、「君にはこの仕事は無理だ」という感じの意味になっちゃいます。

2015年、日本発で世界が「can't touch that!」と驚く発明、製品、サービスが出てくるといいですねー♪

最後にちらりと知財ネタをいれますと、米国特許庁がウェブサイトリニューアルを画策中です。とりあえず、ベータ版が閲覧できるようになってますので、ご興味ある方はどうぞ。また慣れるまで使うのがめんどいですよねー。。。
[PR]
by suziefjp | 2015-01-07 02:48 | えいご | Comments(0)

Warts and all

弁護士費用見積もりの話が続いてますが、今日はプレジデント・デイの祝日なのでマジメな話はちょいとおいといて。。。

アメリカでは日本と違って祝日でも会社が休みとは限りません。会社によって、この祝日は休みになる、ならない、というのが違うので、大体1年の最初に「今年の祝日はこの日です」というのが総務から通知されます。どこの会社も休みになる祝日は、1月1日、独立記念日、レイバー・デイ、感謝祭、クリスマスくらいかと思います。大体、年間10日弱くらいの祝日が設定されて、あとは全部年休で補います。だから、年休を使ってやっとこさ、日本の祝日+お盆+年末年始に追いつくか追いつかないか、という感じで、実は日本ってお休みが多い国なんだというのはアメリカで日系企業以外で働く人が大体最初に驚かれるところかと思います(日系企業は日本の親会社にあわせて夏とか年末年始にクローズするところもたまにあるみたいです)。

で、今日のプレジデント・デイはウチの会社はお休みだったのですが、いきつけの皮膚科のお医者さんが営業(?)してまして。で、休みだしちょうどいいや、ってことで予約して行って来ました。指に小さいイボができちゃってて、これをとりたいなー、と。イボの治療は、液体窒素で瞬間冷凍しちゃうのがメジャーかと思います。私の場合、とっても小さいイボだったので、液体窒素につけた綿棒でイボをちょいちょい、としてやっつけてもらいました。ちなみにイボは英語でwartといいます。wartは移るので、ウチのダンナは「絶対地下鉄で移されたんだよ!」とか力説してます。NYの地下鉄で掴まるポールとか、あまり素手ではさわらないように気をつけてるんだけどなあ。。。触った後はすぐ消毒するとかもしてるのに〜〜(涙)

ところで、wart を使ったおもしろい言い回しは「warts and all」。「欠点も全部含めて、君を愛してるよ!」なんてのは「I love you warts and all」という言い方です。そうか、wartsは欠点なのかー。これ以外にも、たとえば中古の不動産を買いたい、ちょっと修理が必要な部分があって、問題も多々あるけど、うーん、この物件いいなあ、やっぱ買っちゃうか!なんてのは「I'll get it warts and all」です。

私のwartは液体窒素で凍らせてやけどみたいにしているので、この後水ぶくれになるか、あるいはこのままとれちゃうか、で、2週間くらい様子見です。うーん、やっぱなんかうっとおしいのでwarts and allな気にはならない。。。早く取れてくれたらうれしいなー。
[PR]
by suziefjp | 2014-02-18 04:14 | えいご | Comments(0)
えー、大変ご無沙汰しておりまして、4年ちょっとぶりの更新でございます。。。
相変わらず知財のお仕事をしてますが、知財関係の集まりでたまたまお話しする機会をいただいた方に、たまーに「ひょっとして知財ブログやってませんか?」と突っ込んでいただくこともあり、読んで下さってたなんて感激〜〜!なんてこともあったりしまして。もともと私が知財のお仕事を始めたときに、わかりやく知財の情報を集められるものが無かったので、同じように思ってる方のお役に立ったらうれしいなあ、というゆる〜い感じで始めたので、これからもゆる〜く、ちょびちょび書いていきたいと思います。

この4年の間にいろいろありましたねー。4年前はインテレクチュアル・ベンチャーズ(IV)が「いつか特許訴訟の大攻勢をしかけて普通に特許トロールになるんじゃないか」とかウワサされてましたが、今ではすっかりIVによる特許侵害訴訟は「ああ、またやってる。。、」くらいのレベルになりましたし、アメリカでは連邦、州レベルで特許トロール対策の必要性が叫ばれるようになりました。Federal Trade Comission(FTC)が特許トロールの実態調査に乗り出しましたしねー。これはご存知かもしれませんが、現在、FTCがワイヤレス技術の分野で特許トロールの実態調査をしています。なんといっても政府がやることですから、召喚状とか出してトロール本人(本社?)からガンガン情報を集めてやってるので、どういう結果がでるのかちょいと楽しみです。結果がオープンになったらまた報告しますね。

更新再開一発目、ネタは何にしようかなあ、と思いつつ、結局「えいご」ネタで。。。もうアメリカに住んで○年、いやあ、英語、うまくならんもんですなあ(笑)。笑いこっちゃないですが。いまだに、急にbotanical garden(植物園)とか聞いたら「豚肉ガーデン」に聞こえるし、「better get going」(そろそろ行ったほうがいいんじゃない?)とか言われたら「べルギ公園」に聞こえる。。。まあねー、すっかり大人になってから英語やったらこんなもんか、と開き直っております。

とはいえ、仕事柄、せめてちゃんと英語がかけないと非常にまずいわけですが、アメリカ人でもみんな上手にかける訳ではないのか、リーガル文書を書く人向けに文書を推敲してくれるソフトウェアという便利なものもあったりするのですな。WordRakeなんかがそれです:
http://www.wordrake.com/

どうも弁護士さんとかが書く文章は無駄に長い傾向があるようです。というか、そういう風に書くのがリーガル文書、となぜかどこかでそのような認識ができてしまったのかもしれません。でも文章ってコミュニケーションツールなので分かりやすければそれにこしたことはないですよね。WordRakeではそういうムダなところを削除したりして分かりやすい文章にしてくれるみたいな印象です。

ウチの事務所はこれを契約してるんですが、料金はどれくらいなのかなあ。無料で閲覧できる「TIPS」を読むだけでも、結構「あ、なるほど!」と思えることがあるのでお役に立つかも。毎週水曜発行の無料メールマガジンとしてTIPS は発信されているので、ご興味あればぜひ読んでみて下さいね♪
[PR]
by suziefjp | 2014-01-19 04:14 | えいご | Comments(0)

Walk it off

今朝の徒歩通勤中、工事現場のそばを歩いていると、アスファルトがいびつになっていて「ぐにっ!」と少しだけ足をねじってしまいました(涙)。全然たいしたことはなくて、すぐ痛くなくなったんですが、一緒に歩いてたウチのが「大丈夫?」と言った後、大丈夫そうだ、と思ってから笑って「Walk it off!」。なんじゃらほい?  

Walk it offは、「ちょっと歩いてりゃ治るから歩け!」みたいな意味だそうです。よくアメフトのコーチなんかが、タックルされて倒れている選手とかに「walk it off!」って言うそうです。か、かわいそう。。。普段でも結構よく使うらしく、男同士ではまさに骨折みたいな重傷の人にわざと「walk it off!」とからかったりするそうな。う~ん、ブラック。

こういうちょっとした言い回しは日常生活の中で学ぶに限ります。かつて、「英語で「どっちつかず」ってどういうんだろうなあ・・・。」と思ったことがありましたが、最近、ウチのに教えてもらったのが「line-toer」。まさに線の上をつま先あるきで、あっちいったりこっちいったり、というイメージです。これはすごく分かり易くてちょっと感動(笑)。

やっぱりネイティブを先生として勉強すると学べることが多いですねー。この間、terseという単語を調べてたら、「何調べてるの?」というので「terse。」と答えたときに電子辞書で「簡潔な、明瞭な、文章がキビキビした」というのが出たんです。で、へー、と、単語帳に書きながら「簡潔な、って意味なんだねー」というと、「そうそう、「短い」ってこと。だから、don't be terse with me.とかで使う。ちゃんと説明しなさい、っていう意味ね。」えっ!!辞書だと簡潔明瞭キビキビって、すべて肯定的な意味だけど、その例文だと否定的だよね??ウチのいわく、「だから「短い」って意味だよ。」・・・おー。じゃあ、辞書はちょっと違う・・・?まあ、そんなことはたくさんあります。Don't be terse with me、って今度、どっかで使いたい♪

この間、ミステリー小説を読んだら、その1冊の中に知らない単語が200くらいありました(数えてる。。。)語学の道は遠い。。。。
[PR]
by suziefjp | 2009-07-30 00:28 | えいご | Comments(0)
今日は久しぶりに英語ネタです。

今日は朝から雨。ランチどうすっかなー、と思ってたら、すぐ近くのタイ飯に行かない?と誘われたので傘さして行きました。タイ飯にいくとついついパッタイかカレーを食べてしまいます。アメリカのタイ料理屋さんとか中華料理屋さんって、メニューの品の横に番号が振ってあることが殆ど。これって、作ってる人は英語が通じないことが多いからなのかな??厨房では「○番入ったよー!」とかが母国語でやりとりされてるのかもしれません。

さて、メニューを見てて、友達とかぶるのイヤだなー、と思って「ねーねー、なんにするの?」と聞いたら「どれだと思う?」「うーん、80番?」「それはcoldだな。」「・・・・」このカレー、冷やしカレーなの??そんなのあるの??とりあえず、この人はきっと冷やしカレーが嫌いなんだ、と、ワケの分からない解釈をしたまま「うーん、じゃあ、83番?」「getting warmer.」えっ、ここのカレーって、味に加えてそういう温度で分かれてんの?でもぬるいカレーってなんかマズそうじゃん??やはりワケの分からないまま「88番!」「Oh, it's really hot!」・・・下に行くほど温度が上がるのかな。それとも今のhotは「辛い」の意味??「89番!」「当たり!」

私は88番を食べるつもりだったので「ねー、88番って辛いの?」「いやー、そんなことないと思うよ。それにマイルドかホットか、味はメニューにかかわらず選べるし。」「でもさ、さっき、hotって言ったよ?」というところで爆笑されました。そして親切な友達が教えてくれたところ、さっきの会話は日本語ではこうなるんですね:
「うーん、80番?」
「それは遠いな。」
「うーん、じゃあ、83番?」
「お、近くなってきた。」
「88番!」
「うおー、めっちゃ近い!」
「89番!」
「当たり!」

へーーーーーーー!!!近くなるんじゃなくて熱くなるの????なんでーーーーー???でも、おもしれーーーーー!!!日本語だと「熱く」なるんじゃなくて「近く」なるんだよ!というと、「へー。・・・でも、なんかつまんないじゃん、それ。」・・・すんません、ヒネリがなくて。はいはい、英語のほうがいいですよ、へえへえ。

結構な期間すんでるクセに初めての発見。へー、そうなんだー、熱くなるんだー、へー。確かにおもしろいので、「ねーねー、すんげー近いーーー!みたいなとき、ってもうvery hotが精一杯なの?」と聞くと、「うーん、俺はit's burning!っていうかも~~~。」と、ヘラヘラ笑いながら言ってました。でも、これはだまされたのかも知れない。。よくおもしろがられるから。。。くそー。
[PR]
by suziefjp | 2009-06-12 06:25 | えいご | Comments(0)

ギリシアの雷

最近、火事が多い。。。気がします。今朝もニュースで見ていると昨日の夜シカゴ近郊であったらしい火災の話が。結構お店が焼けてしまったみたいです。これを見ていたウチの人が「Greek lighteningかもね。」なんだろう?昨日はすばらしいお天気で、シカゴもようやく春がやって来るのかな?と思えるくらいステキなお天気だったのです。雷は無かったぞ??

聞いてみると、昔、ギリシアレストランがたくさんあったのに、不況になって経営が立ち行かなくなったころ、レストランがたくさん火事になったそうです。これは実は自分で自分のお店に火をつけていて、保険金ねらいの自作自演火事だった、と。それ以来、景気が悪くなってお店が立ち行かなくなり、保険金目当てに自分で火をつけてしまうことを「Greek lightening」と呼ぶそうです。

シカゴはご存知の方はご存知、一方あまり知られていないといえば知られていないかも、、、ですが、実は色々な人種が集まっている場所で、それぞれの人種が町をつくっています。チャイナタウン、コリアンタウン、リトルサイゴン、リトルイタリー、リトルワルシャワ、ユクレニアンビレッジ、ジャーマンタウン、ピルセン(メキシコ人街)、インド人街、スエディッシュタウン、そしてギリシャ人街。ギリシャ人街は映画「My Big Fat Greek Wedding」の舞台にもなりました。ギリシャ人街には私もたまにギリシャ料理を食べに行くんですが、お店とか看板がギリシャ語になって異国情緒がたっぷりです。他にもギリシャ人街がある街ってどこなんだろう?私は他にあまり知らないので、Greek lighteningも語源はシカゴかな??と、勝手に思ったりしたのですが。。。

余談ですが、シカゴは映画の舞台としてもたくさん使われています。最近のものではバットマンのダークナイトもすぐシカゴ、と分かりますし、日本だと今公開かな?すぐかな?アンジェリーナ・ジョリーが出ている「Wanted」もシカゴが舞台です。高架鉄道(エルと呼ばれる鉄道です)が出てくると、あー、シカゴだ、と、すぐ分かります。

おっと、最後は映画の話になってしまいました。。。しかしGreek lighteningが増える世の中は寂しいですね。みんな、元気だしていきましょうっ!!
[PR]
by suziefjp | 2009-03-23 08:02 | えいご | Comments(2)
今日は久しぶりに英語ネタでいきたいと思います。なんのことはない、ウチの人がジャズ・ギターを最近真剣にやってまして、先生のレッスンとかも受けてるんですが、そういう話をしていて思いついただけなんです(笑)。

もともと、ジャズの世界から特殊な英語が生まれて、それが広く使われるようになる、というのは多いそうです。もはや日本語でも、「かっこいい!」という意味で使ってる「クール(cool)」、これはもともとジャズプレイヤーがこういう使い方を始めたそうな。ジャズって結構先進的で、この間、就任演説でオバマ大統領が「60年前にレストランに客として入ることが許されなかった男の息子が今こうして・・・」というくだりがありましたが、黒人に対する差別なんかもジャズプレイヤーどうしのなかでは薄かったと聞きます。むしろ、あるお店が「黒人のプレイヤーはちょっと」というようなことをいうと、白人のプレイヤーが「こいつがメンバーに入らないんだったら、オレもプレイできないよ」というようなことを言ってたんですね。これこそ、クール!です。

あと、「言ってること分かる?」という意味で「dig what I'm saying?」。これも、ジャズメンですね。なんで「dig」って言うのか知りませんが、でも、こういう言い方をします。おもしろいので、ウチの人に、「他には?他には?」と、聞いてみたところ、楽器の呼び方。これはギターだろうが、トランペットだろうが、楽器を「ax(斧)」という言い方をするそうです。たとえば「じゃあ、ちょっと楽器だして弾いてみてよ」というのが、「Ok, pull out your ax and play.」てな感じです。これも、なんで「ax」なの?と、聞くと、昔、家の裏の林とかで練習してたんじゃない?と、うそ臭い回答でした。これは外してそうな仮説だなー・・・。

アメリカに旅行や出張でお越しになった方、レストランに行くと、テーブルの係の人がメインコースとか食べてるときによく「is everything OK?」みたいな感じでご機嫌うかがいに来ませんか?こういうときに「クール」なジャズメンがいうのは「copacetic.」 これは「問題ないよ、順調だよ、大丈夫だよ」そういう感じでしょうか。

他に、なぜか人をさして「cat」というそうです。それって、猫やん?と、思いますが、例えば、「あの人達(those people)」じゃなくて、「those cats」って言う。これも、なんで猫なんだろう、犬じゃないんだろう、鳥じゃだめなの?と、気になるところですが、あまりしつこく聞くと、もう教えてくれなくなるので寸止めが肝心です(笑)。

最後に、こうしたジャズメン用語を理解しないプレイヤーのこと。たとえば、「hey, let me see your ax.」とギターケースを持ってる人にいったときに、「え、え?斧?え?そんなもの持ってないよ?」こういう風に用語が通じない人。これを、「square」というそうです。これ、日本でもなんか融通が利かないとか、そういうのを四角四面の・・・とか言ったりしますから、なんとなくイメージがわきます(そういうときは、なんで三角じゃないの?と聞かない。自分にすわりがいいものはそのまま受け入れるのです♪)

日本のジャズメーン、の皆さん、これで今日からあなたもアメリカのジャズメーンの仲間入り!squareじゃないぜ!
[PR]
by suziefjp | 2009-01-25 08:51 | えいご | Comments(0)
ここのところ、マジメなトピックが続いたので、今日はちょっと趣向を変えて久しぶりに英語(日本語?)ネタです。

それにしても、大人になってから学ぶ言語って、ほんと難しくないですか?私も英語ってまだまだわからないことだらけです。例えば、ホリデーシーズンも、アメリカでは色々な宗教の人がいますから、「Merry Christmas!」は、あまり使わなくて、Happy Holidays!というのを使います。これも、いざ、となると、Happy Holiday!なのか、Happy Holidays!なのか、よく分かんなくなって、語尾の方がうにょうにょうにょ。。として、なんだか気の弱い日本人になっちゃうんですな。

ウチの人と私の会話は95%、日本語で展開されます。私がかたくなに日本語を話すから。たまに「ぷぷっ!」と思う間違いを彼がしでかしてくれるわけですが、いったん笑うものの、実は私もこんなことそこらじゅうでやってんだろうなあ、と思うと、実はあまり笑っている場合ではない。でも、おもしろい。

たとえば、一緒にお買い物に行きます。で、私が「この服ほしいなー、かわいいなー、買っちゃおうかなー、でもなー」と、迷っていると、「あー、すごく似合うと思う!!」はい、これは、まさにアメリカ人男性的反応ですな。で、その後、英語でいうところの「My treat!」ということを言ってくれるわけです。これ、戸田奈津子先生的に意訳すると「僕がプレゼントするよ!」という感じでしょうか。でも、英語をご存知の皆さん、treatって、食べ物のイメージがありません?きっと、ウチの人が日本語を学んだときも、「treat=ごちそう」みたいに学んだんだと思うんですよ。だから、ウチの人は、モノが服であれ、雑貨であれ、「買ってあげる!」という意味で、にっこり笑って「ごちそうします♪」と、言います。初めて聞いたときは、思わず「って、食べられへんっちゅうねん!」と、突っ込みました。(が、本人はポカン顔だった。)ネタ的にはかなり好きです。

あと、最近はよくドラマとか映画で英語を勉強する人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。ウチの人も日本の映画とかでかなり勉強したみたいですが、「仁義無き戦い」とかで学んじゃったのがまずかった。日本語学校で「she is pregnant(彼女に赤ちゃんが出来た、彼女は妊娠中です)」という文章を、「彼女にガキができた」と訳してものすごく怒られたらしい(笑)。そりゃそうだろう。ある意味、とてもナチュラルなんだけどね~~。

最近のおもしろい発見は、単位。私の友人のご主人がアメリカ育ちの日本人で、日本語よりも英語が得意、という人なんですが、彼は外を歩いてて、犬を二匹散歩させている人を見かけると、「あっ、犬が2ぴきいるよ!」というそうな。「ぴき」?そんなん、「2ひき」って言う方が簡単やん、「2ぴき」って言う方が難しいやん!?って思うんですけど、「2ぴき」。おもしろいなー、と思ってたら、この間、ウチの人が、「もうさー、あんまり意味の無い電話で、32ぷんも時間取られてイヤになっちゃったよ。」えっ!?なんとおっしゃいました??32ぷん??・・・・これ、思うに、刷り込み効果ではないかと。大体、単位覚えるにしても、「1」に単位をつけて覚えるんだと思うんですよ。「1」って、単位つけると、「いち」じゃなくて、「いっ」になって、単位のあたまの文字が「ぱぴぷぺぽ」の音になることが多いんですよ。1分、1匹、1杯、1本。ほら!このために、2がこようが、3がこようが、「ぱぴぷぺぽ」のままになっちゃうんじゃないか??これが私の仮説なんですが、いかがでしょうか、皆さん!

でも、1年しか日本に住んでないのに、あれだけ日本語が話せたら大したもんです。。わたし、いったい何年アメリカに住んでるんだろう。それで英語これかよ!?ヤバイじゃんっ!でも、コトバは心ですよ、心!心があれば、きっと、多少怪しくても、分かってくれるに違いない!・・・・とりあえず、これで今のところ生き残ってこれてるので、大丈夫かな。。。
[PR]
by suziefjp | 2009-01-08 05:54 | えいご | Comments(0)

知的財産権のお話を中心に、たべもののこと、アメリカのこと、いろいろお話ししていきますね♪


by suziefjp