米国知的財産権日記

iptomodach.exblog.jp
ブログトップ

ドメインネーム詐欺に注意!

今更感もありますが、いまだにドメインネーム詐欺が横行しているようです。
特に中国の政府系機関を装って:
「我々は中国政府からドメインネーム登録手続きを請け負っている機関です。この度、○○.cnというドメインネームの登録申し込みがありましたが調べてみたところ、御社が所有している商標がこのドメインネームの大部分(○○該当部分)に使用されているようです。そうした場合、我々は商標権者に連絡するよう義務付けられています。
もし御社がこうしたドメインネームの登録を許可した、などの事情があったり、その他本件の解決について何かあればすぐご連絡下さい」
みたいな英文メールが突然やってきます。これに返事してしまうと、登録させない代わりに金銭の支払を要求されたり、あるいは「しめしめ、この会社は商標権保全のためにお金を出すようだぞ」などと思われて別の攻撃をしかけられたりする可能性があるので要注意です。このような意味不明のメールを受領したら、社内で法務部や知財部にすぐ連絡をして勝手に返事しないように、と徹底しておくことが大切です。

そういえば弁護士事務所側をひっかけようとする詐欺メールもすごい多いんですよ。例えば日本に実際に存在するそれなりの会社名で、「知財問題があって知財弁護士を探しています。もし貴所が弊社を代理できるならすぐ連絡下さい」みたいなメールが英文で来ます。これ、仕事を探していて、日本のことをあまり知らない弁護士さんだったら返事しちゃうかもしれませんよね。こうしたメールの特徴は日本の実在の会社名を語りつつ、発信人が社長名でGメールアドレスだったりします(笑)。いやいや、こんなそれなりの会社でしゃっちょさんが自らそんなメールをプライベートメールで出さんわな、ってな感じです。でも、有価証券報告書とかもともとの実在のウェブサイトで社長名見つけて、その社長名でG-mailとか設定してわざわざやってんだな、と思うと、その情熱をどこか別のところに向ければいいのに、と思わずにはいられません。

この手の詐欺はほんとやり切れんですねー。くれぐれもひっかからないようにご注意を!
[PR]
by suziefjp | 2016-08-09 05:21 | 知的財産権 | Comments(0)

知的財産権のお話を中心に、たべもののこと、アメリカのこと、いろいろお話ししていきますね♪


by suziefjp