米国知的財産権日記

iptomodach.exblog.jp
ブログトップ

Binge Watching

我が家はフツーにケーブルテレビ契約してDVR機能つきケーブルボックスをレンタルしてテレビを見ています。もちろんテレビジャパンは欠かせない!ウチのダンナなどは私が欠かさず「あさが来た」を見るのを暖かく見守ってくれていますが、ニューヨークでは「あさが来た」は夜9時45分からの放送だったりします(笑)。夜仕事で遅い、とか出張でいない、とかいう時はもちろんDVR録画をセットして後でゆっくり見ます。
あさが来た、は最初からハマってみているのでいいのですけど、友人が「あのドラマおもしろいよ」とか教えてくれたりしたものが、すでにシーズン5くらいまで製作されているものだったりすると、見始めたらおもしろいものの、追いつくまでえっらい数のエピソードをみるハメになり、だんだん苦痛になってきたりするわけですが、とはいえ、ここまで頑張ったら追いつこうよ!という気持ちにもなり、なんでここまで私は今頑張っているんだろう、と思いながら必死で全エピソードを見てしまいます。最近はAmazon Primeでもそうしたビデオ一気見ができるようになったので、まあ便利っちゃあ便利なんですけど、もし明日死ぬとしたら今こんなに必死で何時間もビデオ見ることに時間使ってていいんだろうか、と自分の生き方が不安になるときも多々あります。。。

最近ハマったのは「グリム」というドラマで、これ、日本でも吹き替えとかでやってるのかなー?一応刑事ドラマなんですけどグリム童話に出てくる狼やらは本当は実在していて、グリム兄弟はそうしたモンスター(?)、Wesen(ヴェッセン)と呼ばれる種族を見分けることができる特殊能力者だったと。で、そのグリムの末裔が現代で刑事さんで、このWesenがかかわる事件を解決していく。。。みたいな話なんですが、見始めるとおもしろくて。ただいまシーズン5放送中なんですけど、なんとまあ1シーズンあたりのエピソード数が20話くらいあって(普通は10話くらいなのに。。。)シーズン5に追いつくまでの時間投資がえらい大変なのですよ。

で、週末に必死でグリムをまとめてみていると、ダンナに「binge watching?」と聞かれまして。このbinge watching、そういうドラマとかをDVDで一気見することを言うそうです。なんでわざわざそんな言葉があるのさーーー!?調べてみると、bingeってもともと大酒を飲むとかいう意味らしく、そこから派生して一気にたくさんのエピソードをビデオで見ちゃうことをbinge watchingというそうです。

私のbinge watchingはなかなか進まず、まだシーズン3の最後のほう。(それでも60時間くらい投資している!!)うあー、苦痛になってきた。。。(涙)
[PR]
by suziefjp | 2016-03-15 05:31 | えいご | Comments(0)

知的財産権のお話を中心に、たべもののこと、アメリカのこと、いろいろお話ししていきますね♪


by suziefjp