米国知的財産権日記

iptomodach.exblog.jp
ブログトップ

大変ご無沙汰しております。。。

えー、大変ご無沙汰しておりまして、4年ちょっとぶりの更新でございます。。。
相変わらず知財のお仕事をしてますが、知財関係の集まりでたまたまお話しする機会をいただいた方に、たまーに「ひょっとして知財ブログやってませんか?」と突っ込んでいただくこともあり、読んで下さってたなんて感激〜〜!なんてこともあったりしまして。もともと私が知財のお仕事を始めたときに、わかりやく知財の情報を集められるものが無かったので、同じように思ってる方のお役に立ったらうれしいなあ、というゆる〜い感じで始めたので、これからもゆる〜く、ちょびちょび書いていきたいと思います。

この4年の間にいろいろありましたねー。4年前はインテレクチュアル・ベンチャーズ(IV)が「いつか特許訴訟の大攻勢をしかけて普通に特許トロールになるんじゃないか」とかウワサされてましたが、今ではすっかりIVによる特許侵害訴訟は「ああ、またやってる。。、」くらいのレベルになりましたし、アメリカでは連邦、州レベルで特許トロール対策の必要性が叫ばれるようになりました。Federal Trade Comission(FTC)が特許トロールの実態調査に乗り出しましたしねー。これはご存知かもしれませんが、現在、FTCがワイヤレス技術の分野で特許トロールの実態調査をしています。なんといっても政府がやることですから、召喚状とか出してトロール本人(本社?)からガンガン情報を集めてやってるので、どういう結果がでるのかちょいと楽しみです。結果がオープンになったらまた報告しますね。

更新再開一発目、ネタは何にしようかなあ、と思いつつ、結局「えいご」ネタで。。。もうアメリカに住んで○年、いやあ、英語、うまくならんもんですなあ(笑)。笑いこっちゃないですが。いまだに、急にbotanical garden(植物園)とか聞いたら「豚肉ガーデン」に聞こえるし、「better get going」(そろそろ行ったほうがいいんじゃない?)とか言われたら「べルギ公園」に聞こえる。。。まあねー、すっかり大人になってから英語やったらこんなもんか、と開き直っております。

とはいえ、仕事柄、せめてちゃんと英語がかけないと非常にまずいわけですが、アメリカ人でもみんな上手にかける訳ではないのか、リーガル文書を書く人向けに文書を推敲してくれるソフトウェアという便利なものもあったりするのですな。WordRakeなんかがそれです:
http://www.wordrake.com/

どうも弁護士さんとかが書く文章は無駄に長い傾向があるようです。というか、そういう風に書くのがリーガル文書、となぜかどこかでそのような認識ができてしまったのかもしれません。でも文章ってコミュニケーションツールなので分かりやすければそれにこしたことはないですよね。WordRakeではそういうムダなところを削除したりして分かりやすい文章にしてくれるみたいな印象です。

ウチの事務所はこれを契約してるんですが、料金はどれくらいなのかなあ。無料で閲覧できる「TIPS」を読むだけでも、結構「あ、なるほど!」と思えることがあるのでお役に立つかも。毎週水曜発行の無料メールマガジンとしてTIPS は発信されているので、ご興味あればぜひ読んでみて下さいね♪
[PR]
by suziefjp | 2014-01-19 04:14 | えいご | Comments(0)

知的財産権のお話を中心に、たべもののこと、アメリカのこと、いろいろお話ししていきますね♪


by suziefjp